一般社団法人 湘南くらしのUD商品研究室
HOME
2018年03月13日
 
ジャパンシルバーEXPO 高齢社会に不可欠な防炎製品

主任研究員 柳原美紗子

 平成27年版消防白書によると、火災による死者は、65歳以上の高齢者が68.5%を占め、とくに81歳以上では31.5%にも上ります。冬は、建物(住宅)火災が多い季節で、暖房器具の使用や、火を長時間使う料理が増えることなどが原因のようです。
 高齢者にとって燃えにくい製品は必要不可欠ではないでしょうか。
 そう思っていたところ、昨年11月20日~22日、東京ビッグサイトで開催された第1回ジャパンシルバーEXPO展で、防炎・難燃製品に特化したブランドがあることに気づきました。   
 

 
 
 
 難燃の衣料用素材というと、以前からダイワボウが手がける綿のプロバン加工が有名です。私もこの素材のエプロンを使っているのですが---、でもこれはそれではなくて、難燃性に優れたアクリル繊維プロテックスと綿を混紡した素材でした。 取り扱っているのは T.Sトレーディングです。様々なメーカーと協力して燃えにくい製品を生産しているといいます。ブースでは難燃紡績糸を使用した製品ブランド「moenain(モエナイン・アパレル)」と「moenca(モエンカ・寝装雑貨)」を大きく紹介していました。
 エプロン、パジャマ、ガウン、Tシャツやスエットなどから、シーツなどのベッド用品、布団や枕、毛布、リビング用品の座布団やクッション、炬燵布団、防災ポンチョ、帽子など、多様なアイテムを展開しています。
 防炎加工は消防士などのユニフォームになくてはならないものですが、普段の暮らしの中にも「もしも」の危険は潜んでいます。同社では、これらの製品が老人保健施設や高齢者住宅などで、一般的に使用される状態を目指しているといいます。裏を返せば、そうした施設であっても、普及はまだほんの一部で、これからだということなのですね。
 いざというときの安心・安全のために、我が家も防炎製品を揃えておかねば、と思ったことでした。

インデックスに戻る
TOP